« 花火でそ! | トップページ | 土瓶・茶瓶・禿げちゃびん »

高齢のペット

「ペットの健康講座」というのが、町の講座でありまして、一回だけですが行って来ました。

24日の日曜日、午前10時~12時、人数はほんの10数人でした。

年配の方がほとんどでしたね。

日曜日だし、高齢のペットの健康管理という内容でもあり、しかたないのかなと思いつつ、ペットを飼ってる若い人たちにも、もっと参加して欲しかったと思いました。

講師の獣医さんは、以前うーちゃんが骨折した時にお世話になった動物病院の院長先生です。

うちには、犬も猫もいないけど、興味があり先生のお話も聞きたかったのです。

やはり、内容は犬猫中心でしたが、とても勉強になりました。

最近は、平均寿命が延びているという話ですが、自分の病院で亡くなった最高齢の犬は21歳、猫は24歳だったそうです。

開業して22年、確かに平均寿命は延びていると実感されていました。

犬種によっても、病気が違うのですね、初めて知りました。

先生は、少しでもペットの寿命を延ばしたいのだそうです。

ガンに罹って、手術や痛いだけの治療は嫌だけど、少しでも楽に一日でも長く生きられるような治療をしたいと言われました。
そのためにも、定期的に健康診断を受けてくださいとのことです。

少しでも早く、病気を発見して早く治療をすれば助かるし、大きな手術をしないですみます、人間も同じですよね。

健康診断、犬で人間と同じような内容だと1万5000円前後だそうです。人間と同じくらいの金額?

これを高いと思うか安いと思うか・・・・・・・・・

家族同然と言うなら、受けるべきでしょうね、その後病気が見つかったとして、治療も早くすれば体の負担も費用も少なくて済みます。せめて1年に1度は健康診断を受けてくださいとのことでした。

近所の人の話ですが、「犬の白内障の手術に片方だけで30万かかるらしいよ」だそうです。

私は、それって必要なのかなって思ってました。

先生は、白内障の手術は勧めないそうです。高齢になって目の手術はやはり体に負担だし、家の中にいてエサも目の前に置いてもらって看護してもらえるなら、無理には勧めないそうです。

飼い主さんの考え方、獣医さんの考え方、いろいろあるでしょう、納得のいく治療を受けたいですね、時には病院を変えることも必要かもしれません。

飼い主の責任て、重いですね。

自分の病院のデータ、病気の犬の写真や病院で飼っている犬・猫の写真のスライドなどを交え、獣医としての考え方、いろんなお話を聞けてよかったです。

本当は、ウサギ専門の先生の話が聞ける機会があるといいのですが・・・・・・

長くなりました、まだ書きたいことはたくさんありますが、この辺で終わりにします。

 

うーちゃん、実は、健康診断に行ってないですhappy02

 

ですが、月曜日25日は爪切り・シャンプーをしてもらうべく、ホームセンターのペットショップに行きましたdash

最近はキャリーバッグを見ただけで、逃げていきますcrying

Img_2874

まただましたでそ~(怒)

しかたないでしょう~(笑)

この続きは、また次回に・・・・・・・・

 

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ Pet専門クチコミ情報サイトPet-Webへはこちら

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

|

« 花火でそ! | トップページ | 土瓶・茶瓶・禿げちゃびん »

ペット」カテゴリの記事

コメント

今晩は、とても勉強になる、お話しを聞かれたんですね。記事を読んだだけでも良い話しだったんだろうなぁと思いました。実はミルクも健康診断を1度も受けてません。ライブが終わったら時間的な余裕もでるんで、検討したいと思います。

投稿: ♪ ドナルド♪  | 2008年8月26日 (火) 02時04分

ホントいろいろ考えさせられるね。
チョコも長生きしてくれると信じてるけどそれまでは私も元気でいなきゃね。
バッグの中のう~ちゃんの表情、うふふ、不満ありありだね。

投稿: ちょめ | 2008年8月26日 (火) 08時14分

グレイの健康診断・・・
行ってました。若いときは・・・
年取るとともに獣医さんへ行くとそのストレスでか体調崩すようになっちゃったんです。
神経質でひきこもりなもので・・・
そろそろ癌年齢だから本当は行きたいんですけどね~

投稿: グレイまま | 2008年8月26日 (火) 08時21分

pigコメントありがとうございますアリガト♪(*'-^)-☆パチン

☆♪ドナルド♪さんへ☆
うーちゃんがいなかったら、関心がなかったかもしれません、いい機会だったと思います。
なかなか健康診断に行くのも、大変ですよね。
うーちゃんは、キャリーに入れるだけで怒りますからねcoldsweats01
 
☆ちょめさんへ☆
そうそう、飼い主さんの体力も必要だものね。
ワンコが長生きして、介護が必要になった時、人間も元気じゃないとね。
うーちゃん、ちょっとキョトン顔になってます(笑)
 
☆グレイままさんへ☆
グレイちゃん、健康診断に行かれてたのね。
確かに、ウサギさんはストレスのほうが心配です。
病院に行って、具合悪くなったんじゃ本末転倒ですもんね。
うーちゃんも、キャリーに入れるだけでストレスになってると思います。
病気になったら、どうしようって思いながら、私も、結局、健康診断には行ってないです。
犬・猫とウサギでは、少し違うように思いますね。

投稿: でろんでろん | 2008年8月26日 (火) 17時35分

遅い時間にコメントしてます。凄く嬉しい情報、かなり感激してます。有り難うございます。朝になったらチェックしたいと思いますhappy01

投稿: ♪ ドナルド♪  | 2008年8月27日 (水) 02時55分

近所にいい病院があればいいのにな~。wobbly
いつもそう思っているんですが、この記事を見て改めて思っちゃいました。
近所にうさぎさんを診れる病院はあるんですが、週の半分しか診れる医者がいないんですよね~。
しかも、私があんまり好きじゃない医者なんです。
扱いが乱暴だし、何かあるとすぐに去勢しろというし・・・。poutdash
電車で30分くらいのところにある病院のお医者さんは、うさぎに対しても優しくて好きなんです。happy01
でも、うさぎさんの場合は緊急事態とかを考えると、遠くの名医よりも近くの病院って聞いたことがあるので、正直悩みますね~。
どうしたらいいんだろ?coldsweats01
バッグに入ったうーちゃん、不満そうだけどかわいい~heart04

投稿: ウサのすけの飼い主 | 2008年8月27日 (水) 11時20分

pigコメントありがとうございます(*^_^*)
 
☆♪ドナルド♪さんへ☆
少しだけ、歴史も分かると思いますよ。
私も一度しか行ったことがないんです。
 
☆ウサのすけの飼い主さんへ☆
本当に近いところに、信頼できる獣医さんがいればいいのにって思いますね。
先生との相性もありますね、遠くに行ってる人もいますが、行くまでの時間や待ち時間を考えると、それもどうかと思いますね。
今でも、いろいろ考えているところですthink
うーちゃん、キャリーに入れるだけで、もう大変だから、病院どころじゃないですもん(笑)

投稿: でろんでろん | 2008年8月27日 (水) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花火でそ! | トップページ | 土瓶・茶瓶・禿げちゃびん »