« 稲が・・・・・・・・ | トップページ | 歩くのも大変 »

雷が鳴った

今日は、実家の母が髪の毛を切ってほしいというので、娘と一緒に行った。

近い所だけど、娘は、実家に行くのは、久し振りだ。両親とも、80歳を過ぎている、いつどうなってもおかしくはない。母は髪の毛がのびても、美容院に行くことができない。寝たきりという訳ではないけど、家の中くらいしか歩けない。

私が子供のころには、よく母に髪の毛を切ってもらっていた。カット用ではない適当な鋏で、母の髪を切りながら、私が小学校2年くらいの時、前髪が揃わないからって、何度も切られて、とても短くなってしまったことがあったという話が出た。母は、とても気にしてたけど、私は、あんまり気にしてなかったように思う。

母は、後ろの髪が首にかからなければいいというので、横から後にかけて、短めに切った。あんまり、上手には切れなかったが、病院に行くくらいしか外には出ないからいいと言う。元気なころには、私より、こまめに美容院に行ってたのに。広告の上に切った髪を捨ててるのを見て「こんなに白髪が多くなっとった?」と言う、染めてからも、かなり経っていた。女は、いくつになってもおしゃれにしていたいと思うものだ。

 

雷が鳴っていた、だんだん近くなってくるので、早めに帰った。今度は、ちゃんとしたカット用の鋏と、白髪染めを持って行こうと思った。

|

« 稲が・・・・・・・・ | トップページ | 歩くのも大変 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/127620/2653174

この記事へのトラックバック一覧です: 雷が鳴った:

« 稲が・・・・・・・・ | トップページ | 歩くのも大変 »